So-net無料ブログ作成

市議会の対応が問われています その2 [議会]

本日開催された議会運営委員会では、さる3月28日、静岡県が児童福祉法に基づく行政処分を行なった富士市神戸にある事業所「放課後デイサービス すまいる らいふ」の理事長である長田文明議員についての議会としての対応について各会派の意見聴取が行われました。辞職すべきという意見、市民への説明責任を本人が果たすべきという意見、記者会見情報だけでの判断をして良いのかという意見、不服申し立てをするようなので状況を見守りたいという意見などが出されましたが、結論は出ませんでした。共通していたのは市民目線で見たときにどうあるべきか本人が考え、説明責任を果たす必要があるということだっだでしょうか。
私はオブザーバー参加ですが、「自らの進退についての決定権はご本人にあるが、県の監査などの経過を見れば自ら退かざるを得ないのではないか。議会としての対応が求められている訳だから明確な期日を区切って本人が具体的に何をされるのか日程を明らかにしてもらうべき。対応は早急にすべき。」等の意見を言わせていただきました。
市民が議会の対応を注視していることはみなさんの共通認識であることから、議会の四役がご本人への確認を含めて対応する事を確認して今日は終わりました。
IMG_7020.JPG
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。