So-net無料ブログ作成

国会報告会 [日記]

今日は本村伸子衆議院議員、中野たけし比例東海ブロック予定候補、井口昌彦静岡5区予定候補、しまづ幸広衆議院議員秘書さんなど日本共産党関係者の皆さんと神山の国立駿河療養所を訪問し、福島所長をはじめ総看護師長、事務長、事務長補佐さんや小鹿自治会長と懇談をさせていただきました。着いた時は大変な雨でしたが、所長をはじめ小鹿会長から今の施設の課題や、国に要望したいことなどが熱く語られました。
駿河療養所の将来構想については数年前に行政関係者も入った検討委員会により素案がまとまりましたが、具体的なアクションが始まっているわけではありません。それは、この施設が国立の施設であり第一義的な責任は国にあるからです。医師の確保や介護員の補充問題など熊本判決の趣旨に沿って国は責任ある対応をすべきです。
桜の季節には賑わいを見せていましたが、この時期はいつもの静寂の中で入所者の皆さんの日常が過ぎています。入所者も高齢化が進みすでに人数も60人を切ろうとしています。あと10年もすれば誰もいなくなってしまいます。限られた時間の中で可能なことをやりきらなくては。今日の訪問は関係者の声が国に届く契機になったと思います。お忙しい中ありがとうございました。
夜は日本共産党国会報告会を市民会館で開催しました。党内外の人も集まって元気の出る集まりになりました。
IMG_7520.JPGIMG_7516.JPGIMG_7511.JPGIMG_7508.JPG
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。