So-net無料ブログ作成
検索選択

保育の充実 [日記]

保育の充実と地方行政」という地方議員を対象にしたセミナーに参加しました。県内からも何人かの議員が参加していました。待機児童の解消が見通せない中、保育需要の見込みも実態とはかけ離れたものになっています。今年は中間の計画の見直しの年です。地域の実態に合った計画を立てることが必要です。自治体にはその精度が求められます。新制度は複雑な一方、地域の特徴も様々です。今日は制度を学び直すキッカケになりました。
IMG_7599.JPGIMG_7595.JPGIMG_7592.JPG
コメント(0) 

第48回東田中区体育祭 [地域活動]

地元の東田中区体育祭が開催されました。今年は昼までには全ての競技種目が終了しました。各地でも同様のプログラムに変化してきているようです。今日の本番前に3日間ほど夜の練習がありましたが、一般の選手の参加者は少なかったです。運動会だからと朝から家族で出かけて地域の選手を応援するような運動会は年々困難になってきています。地域コミュニティーの課題と言えるのかもしれませんが、休みの日まで地域の行事に拘束されたくないという声もあり、難しいですね。地域の交流の場としての運動会は大切な意味はあると思います。
今日はボール運びリレーとチャレンジ1500mに参加しました。1500は少々キツかったです。
IMG_7591.JPGIMG_7587.JPGIMG_7583.JPG

コメント(0) 

第32回富士山太鼓まつり [スポーツ・文化]

第32回富士山太鼓まつりの予選会に参加してきました。午後からはあいにくの雨となってしまいましたが、全国各地から集まった太鼓打の精鋭の皆さん約50人による演奏が行われ、明日の本選に進む20人が選ばれました。
今回はテントでお会いした方が太鼓の追っかけ歴ン10年という方で、参加者をよく知っておられて、様々な解説を聴きながら楽しむことができました。
ほとんどプロの方も多いようで、今年の岡谷太鼓まつりで上位入賞した方なども参加されているようです。そうした演奏者の皆さんはお互いに顔見知りのようで、本選出場が発表されるとお互いに握手をしあったりしていました。日本中を自腹で転戦?していくことは大変なことです。
この富士山太鼓まつりの優勝を契機にプロとして演奏活動を始めた方も数多いそうです。積み重ねること第32回目のこの太鼓まつりも太鼓奏者の世界ではメジャー大会になっているそうです。地元の1人として認識を新たにさせられました。
IMG_7581.JPGIMG_7579.JPGIMG_7578.JPG

コメント(0) 

駿河療養所 納涼盆踊り [地域活動]

今年も8月3日(木)に、国立駿河療養所で納涼盆踊りが行われます。ここの盆踊りの最大の特長は打ち上げ花火です。わずか35分間に3,000発近い花火打ち上げられ、それも敷地内で打ち上げるために距離が近いんです。各地で花火大会シーズンですがここの花火は一見の価値ありですよ。
この花火の打ち上げが2001年5月にハンセン病訴訟が解決したことをきっかけに始まり、もう17回目だということも忘れてはいけません。国は最後の1人までフォローすると約束したはずですが、先に本村伸子衆議院議員と療養所関係者の皆さんが懇談した際には医師介護者の不足など、入所者の皆さんからの切実な要望が出されました。17年も経過しても進展が見られないのです。国の「立ち枯れ」政策に憤りを禁じえません。
当日は盆踊りや裾野市の阿波踊り披露、小山町の一色太鼓演奏が行われ、賑やかに夜店も並びます。
IMG_7577.JPGIMG_7511.JPG
コメント(0) 

平和コンサート [平和]

裾野市議会議員でもある岩井良枝さんの第10回ミニコンサートに行って来ました。普段からシャンソンやさまざまな歌に挑戦してステージを重ねている岩井さんの歌声から平和への強い思いを感じ取ることができました。また、ピアノ伴奏とステージを披露してくれた江口純子さんのピアノと歌声は圧巻で、会場の皆さんも聴き入っていました。
佐々木さんの木の笛とピアノ伴奏による「コンドルは飛んでいく」等も素朴な自然の生み出す音の響きが心を癒してくれました。
それにしても岩井さん、10年間ご苦労様でした。これからも音楽を通じた平和のメッセージを発信していってください。
また、きたる8月15日には会場は同じ裾野市生涯学習センターで映画「この世界の片隅に」の上映会も行われます。
IMG_7570.JPGIMG_7568.JPGIMG_7566.JPG
コメント(0) 

ふじのくに考古学セミナー [日記]

午後から清水区蒲原にある静岡県埋蔵文化財センターの「ふじのくに考古学セミナー」に参加しました。今回で2回目ですが、今日は「出土から展示まで」というテーマで発掘された遺物の記録や保存方法などについて講義を受けました。小学生の頃は考古学少年でした。はるか昔に戻ったようなワクワク感一杯で専門的な話が聴けるのは楽しいものです。あと2回後期の講義があるようなので申し込みしました。
IMG_7560.JPGIMG_7556.JPGIMG_7553.JPGIMG_7552.JPG
コメント(0) 

平和行進 小山町を進む [平和]

お隣の小山町の原水爆禁止平和行進に参加しました。国連での核兵器禁止条約の採択という歴史的な前進の中、小山町でも6月23日に核兵器廃絶平和都市宣言が議会の全会一致で採択されました。これで静岡県は全ての自治体で平和都市宣言が行われたことになります。
そんな記念すべき年の小山町平和行進は参加者20名でしたが、沿道からの被爆者救援募金は4500円いただけました。一歩一歩、歩き続ける平和行進ですね。
IMG_7549.JPGIMG_7542.JPG
コメント(0) 

御殿場市役所 副市長と懇談 [日記]

昨日に引き続き、本村伸子衆議院議員を始めとした日本共産党の国会議員団は今朝、御殿場市役所で瀧口副市長をはじめ企画部長、演習場渉外課長など市の担当課の皆さんと懇談をしました。30分という短い時間でしたが、演習場外でのオスプレイ飛行訓練の問題や9月に予定されている日米共同訓練への対応などについて質疑応答と国への要望事項の聞き取りなどを行いました。
日米共同訓練については今後、特別委員会で協議されてゆくものですが、住民の安全や安心と、これ以上の基地負担は増やさないという観点から、受け入れをしないでもらいたいという思いを伝えました。
その他国への要望事項としては早朝や夜間訓練の自粛、防音工事の対象範囲の拡大についても意見が出されました。
また、懇談後には本村議員が以前、国土交通委員会で取り上げてくれた御殿場線の拡幅できない踏切の現状についても現地確認を行いました。
その後、富士山御殿場口に登り東富士演習場を俯瞰しながら御殿場平和委員会の渡辺事務局長から説明を受けました。途中から天気が回復して富士山頂も顔を出しました。有意義な現地案内ができました。
演習場の問題はこれからも国会議員団と連携しながら対応していけたら良いと思います。
IMG_7532.JPGIMG_7530.JPGIMG_7524.JPG
コメント(0) 

国会報告会 [日記]

今日は本村伸子衆議院議員、中野たけし比例東海ブロック予定候補、井口昌彦静岡5区予定候補、しまづ幸広衆議院議員秘書さんなど日本共産党関係者の皆さんと神山の国立駿河療養所を訪問し、福島所長をはじめ総看護師長、事務長、事務長補佐さんや小鹿自治会長と懇談をさせていただきました。着いた時は大変な雨でしたが、所長をはじめ小鹿会長から今の施設の課題や、国に要望したいことなどが熱く語られました。
駿河療養所の将来構想については数年前に行政関係者も入った検討委員会により素案がまとまりましたが、具体的なアクションが始まっているわけではありません。それは、この施設が国立の施設であり第一義的な責任は国にあるからです。医師の確保や介護員の補充問題など熊本判決の趣旨に沿って国は責任ある対応をすべきです。
桜の季節には賑わいを見せていましたが、この時期はいつもの静寂の中で入所者の皆さんの日常が過ぎています。入所者も高齢化が進みすでに人数も60人を切ろうとしています。あと10年もすれば誰もいなくなってしまいます。限られた時間の中で可能なことをやりきらなくては。今日の訪問は関係者の声が国に届く契機になったと思います。お忙しい中ありがとうございました。
夜は日本共産党国会報告会を市民会館で開催しました。党内外の人も集まって元気の出る集まりになりました。
IMG_7520.JPGIMG_7516.JPGIMG_7511.JPGIMG_7508.JPG
コメント(0) 

沖縄視察 3日目 [議会]

行政視察で那覇市のUR都市機構にて米軍基地の返還用地に開発された那覇新都心の経済効果について説明をいただきました。沖縄の経済は米軍基地により支えられているなどという認識は大きな間違いです。今回は演習場を抱える自治体の議員としても米軍基地の撤去、返還が新たな経済発展の可能性につながることを確信が持てました。
URの職員が開発された住宅地も案内してくださいましたが、沖縄らしさを演出した雰囲気は良かったです。でも坪単価が110万円?と聞いて一同ため息が出るばかりでした。
那覇市は市議選真っ最中定数40に対して67人が立候補しているようで、候補者の皆さんの活動も活発化していました。
IMG_7502.JPGIMG_7493.JPGIMG_7492.JPG
コメント(0)