So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

早朝の善光寺へ [日記]

全国市町村議会議員研修会の2日目が始まりました。今日は尾林芳匡先生による「自治体アウトソーシング・PFI と水道の民営化・広域化」です。
今朝は朝6時から歩いて善光寺まで行ってきました。観光客はほとんどおらず、地元の方や参拝する信者?の方達ばかりです。6時半になりご祈祷(お朝事)が始まりました。約30分、ご祈祷が終了すると最高齢の僧侶が参拝者一人1人の頭に触れながらお経を唱えながら退出します(お数珠頂戴)。以前NHK の「新日本風土記」という番組で見たのと同じ光景でした。
この機会にと家内安全、健康祈願、安産祈願等ひとまとめにしてお願いしました。
信州は秋真っ盛り。長野駅近くのホテルまで20分歩いて帰り、美味しく朝食を頂きました。
D594911B-886C-4505-995F-871EC6E4CB2E.jpegE3450436-14B6-4E0A-B87F-183539B0379A.jpeg3D607FEC-C369-4136-988A-0C6A2D1E2CED.jpeg

コメント(0) 

市町村議会議員研修会 in 長野 [日記]

長野市で開催されている第45回市町村議会議員研修会に参加しています。中山徹先生の幼児教育無償化で何が変わるのかの話は大変興味深く、また議員として確認を急ぐ課題だと思いました。また、寺島渉先生の長野県飯綱町の議会改革の取り組みは感動的でもありました。町民制作サポーター制度や議会だよりモニター制度を生み出し、その制度に関わった住民の中から議員のなり手が生まれてくる仕組みづくりは息の長い地域づくりと主権者教育の積み重ねの成果です。
研修のが終わった後で、嬉しい連絡が入りました。次女に女の子が生まれたとのこと。今朝入院して、結果的には帝王切開だったようですが、母子ともに元気だそうです。2人目の孫誕生となりました。
901A41CD-BC5E-47ED-B1C8-9CD770854961.jpeg7C023C91-2477-4A1E-9B69-B8887FA7BC30.jpegC9619A3D-4521-45E1-9B11-34CF54D85D31.jpeg
コメント(0) 

勝間田儀作翁作品展 [スポーツ・文化]

今日は文化の日とあって、市内各地で文化行事が目白押しでした。その中で市立図書館の「図書館まつり」で開催されていた企画展、「勝間田儀作翁作品展」をご紹介します。
勝間田儀作翁は明治20年に駿東郡萩蕪村に生まれ、御殿場農業高校、静岡県立農学校を卒業された後、36年間の教員生活を送りました。その間に郷土史研究家として文献調査や、現地調査、古老への聞き取りなどを行って郷土史研究の発展に寄与されました。教員退職後は多様な絵を描き、依頼のあった市内の神社やお寺に残されています。今回はその中から社寺奉納画、仏神像画や人物画、著作・記録などが展示されています。独特の画風が良いんです。
日時は11月6日までの午前9時から午後6時まで御殿場市立図書館の2階で開催しています。
9A3B72CD-C76E-4D01-A92C-114632CD85A8.jpeg413FF631-D69E-4111-AE8B-4E24EE8AD84F.jpeg
コメント(0) 

オスプレイ 安全確認の手綱を緩めるな! [平和]

オスプレイの通報について11月1日から大きな後退がありました。まず、南関東防衛局のホームページにオスプレイの訓練についての記載がなくなってしまった事です。実際は地元への演習通報には12日から16日までの7時から22時の間、4機のオスプレイによる離着陸訓練の予定が記載されています。
さらに重大なことは、これまで南関東防衛局の職員による目視確認が行われていたのですが、これが取りやめになったことです。それに伴って各自治体や地権者に送信されていたオスプレイの確認メール(例えば、16時に演習場上空に現れ、17時に北東方向に去っていった等)が廃止されたのです。
これは国と地元の合意に基づいて行われたと説明されています。以前、東富士演習場使用協定運用委員会で確認されていたことはオスプレイの安全性については国が責任を持つという点に基づいて南関東防衛局職員による目視確認が始まったのです。
それでは、どうやって訓練の実態を確認するのかというと月に1回まとめてレポートされる国からの報告によるのだそうです。この訓練実績はどうも米軍から報告をもらってまとめるようです。
現場で誰も確認せず、米軍の報告を鵜呑みにするようなレポートにとても信頼はおけません!
地元はオスプレイの訓練を承認したものではないと繰り返し言ってきましたが、今回の対応は国へというよりも米軍に住民の安全・安心を丸投げしたようなもので看過できません。
添付写真は10月25日分。
58F5ADA8-7CD3-4751-ACC1-A91C1787F6B4.png
コメント(0) 

公開授業 in 玉穂小学校 [日記]

AD0919EC-D029-40A2-BEC9-282AA7AF1CD2.jpeg11月2日の午後1時から市立玉穂小学校で開催された公開授業に参加しました。私は3年生の算数の授業を中心に参観しました。「1ℓの牛乳を、0.2ℓ飲むと、残りは何ℓでしょうか。」という問題を解く授業でした。筆算だけの話かと思って聞いていると、リットルます図や数直線を使ったアプローチの仕方があるということが分かりました。1−0.2という計算の仕方も小数点の位置を合わせることや、1が0.1の10の集まりである理解など面白かったです。ます図や数直線は見てみれば、自分の子ども時代にもあったような気がしますが、こんなに数々の解決のためのアプローチの仕方を習った記憶はあまり残っていません。勉強になりました。
公開授業の後は教育研究発表でした。ここの地域が幼稚園、保育園、小・中学校が連携した活動を行ってきた事をベースにして不登校対策を推進してきたことが発表されました。不登校児童生徒の約半数は、急に学校に来られなくなった新規の児童生徒だそうです。そこで、新規の数を抑制することで全体の不登校者数の減少に取り組んだのだそうです。「子どもたちが、主体的に取り組む授業を継続的に進めることで、授業が楽しくなり、学校に魅力を感じ、新たな不登校が減少するだろう。」という仮説を立てて魅力ある学校づくりに取り組んできた成果が発表されました。児童生徒が「授業に主体的に取り組んでいる」と感じて過ごせるように活動を行った事で、新規の不登校者数は現象に転じてきているようです。

コメント(0) 

全日本卓球選手権大会 マスターズの部 [スポーツ・文化]

袋井市のエコパアリーナで開催されている全日本卓球選手権大会 マスターズの部の審判に参加しています。資格はあるものの名ばかり審判にはちと荷が重かったのですが、勉強になります。ルールを守ることこそ楽しく、公正なスポーツの基本ですからね。
今日のグループは女子ローエイティ(80歳以上)でした。もう本当に参加者の皆さんは元気です。勝負への執念も強い方と参加することに意義があるタイプの方がいましたが。審判には色々な注文がありました。日曜日までですが、私の審判は明日までです。今日、ホテルに帰ってルールブックを再確認です。
91401429-D037-48C4-B742-813A93840359.jpeg
コメント(0) 

秋富士 [日記]

昨日は午後から雷雨があり天気の変化が多い1日でした。午前中は御殿場映像教室に参加し、午後から原里バラ祭りのお手伝いに参加しましたが、双方のイベント共に天気の激変前に終了してセーフでした。
今朝は新聞配達でしたが、昨日の雨は全て富士山では積雪になったようで、美しい姿を見せてくれました。まさに秋富士です。配達の疲れも吹き飛びます。今朝の気温は7度。一気に冷え込んできました。
4C211AB7-FB8D-4AF3-A001-C7F66AE2F2CC.jpegCCC45DF4-FC3A-4B91-B1CA-24A38FD14298.jpeg
コメント(0) 

御殿場市副市長へ要請しました [平和]

「住民の会」渡邊事務局長とともに、午前9時から御殿場市役所でオスプレイの訓練に関する要請を行いました。瀧口副市長と企画部長、演習場渉外課課長、統括の4人に対応していただきました。オスプレイの訓練だけではなく配備撤回が私達の望みですが、住民の安全、安心を守っていきたいという点では共通です。当局との見解の違いは前提とした上で、お互いの情報の共有をしながら使用協定協議のテーブルの上で私たちの声も取り上げてほしいと要望しました。
今朝は午前7時前から8時25分頃まで、横田を飛び立ったCV22オスプレイ1機が御殿場市上空を旋回し続けました。旋回した中心は富士岡、原里地区上空とみられます。今週予定されている自由降下訓練の下見とも考えられます。
要望内容は以下の通りです。
FB38D664-D017-4F74-A9EE-CB1AD8694FCF.jpeg

御殿場市長 若林洋平 様
裾野市長  高村謙二 様
小山町長  込山正秀 様
東富士演習場地域農民再建連盟委員長  長田開蔵 様

オスプレイに反対する東富士住民の会
事務局長 渡邊希一
要  望  書

 私たち「オスプレイに反対する東富士住民の会」の活動に対して、常日頃ご理解を頂き、感謝申し上げます。
今年4月9日付で、オスプレイの訓練受け入れ拒否を要請する趣旨の要望書を提出していますが、米空軍仕様のCV-22オスプレイの東富士での訓練が始まった中で、改めて以下の3点について要望書を提出し、回答を求めます。

1. CV-22オスプレイの東富士演習場での訓練の常態化に直ちに抗議し、「いつでも訓練できる」使用計画の中止を要請してください。
CV-22オスプレイの東富士演習場での訓練の「暫定受け入れ」で、7月16日に初飛来してから、訓練がすでに9月28日まで11週間連続で平日に計画されています。これは、CV-22オスプレイの訓練の常態化であり、「通常訓練」化してきています。しかし、実際に訓練を行った日は9月17日までに6日です。訓練時間も7:00~22:00と使用可能な時間いっぱいになっています。計画だけ出しておいていつでも訓練できるようにしています。全く許容できません。このことは、東富士演習場使用協定運用委員会では、了承したのでしょうか。そうでなければ、直ちに抗議すべきです。また、訓練は、演習場だけの問題ではなく、その飛行ルートの下で暮らす住民にとって、毎日「危険を感じながら、不安な生活を送る」こととなっています。こうした訓練計画は認めないでください。

2. オスプレイの訓練をこれ以上受け入れないでください。
これまでオスプレイの安全性については「運用の中で検証していく」とされてきましたが、この間の相次ぐ事故、故障、部品落下や、事故率の上昇は、オスプレイが危険な欠陥機であることを証明しています。普天間基地所属のMV-22オスプレイは、報道されているだけで墜落や緊急着陸が合計11回に上っています。主なものだけでも、次の事故があげられます。
1 2016年12月13日、沖縄県名護市の浅瀬で墜落大破。
2 2017年8月5日、オーストラリアで揚陸艦への着艦に失敗し、3名死亡。
3 2018年2月9日、沖縄県うるま市伊計島沖に、部品落下。
4 2018年8月14日、鹿児島県奄美空港、沖縄県嘉手納基地への緊急着陸。
東富士での訓練のたびに、市街地上空を旋回、モード変換をしており、周辺住民は危険を感じています。住民の安全、安心のために、オスプレイの訓練は、これ以上受け入れないでください。
1 MV-22オスプレイの東富士での訓練に於いて、度々御殿場市、小山町の市街地上空を飛行、旋回してきました。
2 7月16日には、CV-22オスプレイが御殿場市、小山町の市街地上空を旋回しました。
3 7月26日には、CV-22オスプレイが裾野市街地上空を飛行、旋回しました。
4 7月30日には、CV-22オスプレイが裾野市街地上空を飛行、旋回しました。
5 7月31日には、CV-22オスプレイが裾野市街地上空を飛行、旋回しました。
6 8月1日には、CV-22オスプレイが裾野市街地上空を飛行、旋回しました。
7 8月27日には、CV-22オスプレイが裾野市街地上空を飛行、旋回しました。
 
また、MV-22オスプレイは、「CH-46の代替」として認めてこられましたが、オスプレイの主な運用目的は「強襲作戦」であり、東富士はその訓練場として常態化し、これまでに延べ630回を超える離発着訓練が行われてきています。さらに、CV-22オスプレイは、米空軍「特殊作戦」仕様で、地形追随装置を使った超低空飛行や夜間訓練が主としています。その上、東富士ではチャフ・フレアを含む射撃訓練も計画されています。オスプレイが「通常兵器」ではないことがはっきりしました。オスプレイの訓練は、米軍基地全面返還に逆行するものです。「使用協定」の大原則に反する訓練は、これ以上受け入れないでください。

3. オスプレイの訓練については、毎日の「演習通報」で周辺住民に知らせるようにしてください。
 オスプレイの訓練は、演習場内の訓練だけでなく、東富士演習場への入退出のルートの下で生活している周辺住民の生活への影響が懸念されます。オスプレイの安全性について、「運用の中で検証していく」ならば、富士学校からの「演習計画」への明示の義務付けに留まらず、周辺住民の生活への影響などで情報提供の協力を得るべきであると考えます。
 また、毎日の広報による「演習通報」では、これまでオスプレイの飛来・訓練について、特に触れてきていませんが、演習場内の問題に留まらないわけですから、訓練が計画されている日には、周辺住民に知らせるようにしてください。
コメント(0) 

子どもの暑さ対策 [日記]

まだ残暑厳しい日が続きます。涼しいと言われる高原都市御殿場も、今年の夏は異常でした。
市内の公立保育園、幼稚園、小学校と中学校では熱中症計を配置して記録を取りながらその日の活動の指標にしています。
エアコンの設置については学童保育は全施設に完備済みです。保育園は来年度中に全教室配備完了予定です。幼稚園は遊戯室のみ設置の状況です。全ての教室配備は3年後までかかるいうことです。前倒しが必要ですね。そして小、中学校については現在、予備費を使って必要になる金額を調査中です。
これまでの常識にとらわれない対応が求められます。エアコン設置の前倒し、積極的な予算措置を要望します。
77919E22-5054-4D9E-BB89-FFB2D43F9913.jpeg
コメント(0) 

興雲寺 子安観世音菩薩 [日記]

午前中は小山町竹之下の興雲寺に出かけました。元町議会議員の加藤宏和さんのご自宅のすぐお隣です。里帰り出産のために帰省している次女も同行しました。
8日の大般若会は大変な人出だったようですが、今日は参拝者も少なかったです。御本尊を参拝していると檀家の方が「10時からご祈祷が始まるので参拝していってください。」と勧められました。せっかくなので御祈祷依頼の用紙に「安産祈願」「家内安全」を記載して、お願いしました。
僧侶4人による御祈祷は30分くらい続きました。途中で僧侶が経典により参拝者の肩を数回叩く行為(これはなんと言うのでしょうか?)をしてくれます。その後、御本尊のある壇上まで登って間近でお顔を拝見することができました。
御本尊は「子安観世音菩薩」なので安産の仏様だそうです。次女の安産祈願にご住職は大変喜ばれて「安産祈願のご本人がみえられて、直接御祈祷される事は最近は大変少ないです。今日は御本尊様の前で御祈祷もできたことを嬉しく思います。」と言ってくださいました。
帰り際に、檀家の役員の方が「安産祈願」の御守りをくださいました。の嬉しいサプライズでした。
この御本尊ご開帳は明日11日午後1時の閉扉まで。
000C4B40-5852-4C84-B2D7-8072123AC7BB.jpeg
コメント(0) 
前の10件 | -